幸福の感じ方に一般論はない

幸福の感じ方に一般論はない。

ある男は子供が帰ってくる「ただいま」という声に幸福を感じるし、ある男は1人で静かに暮らすことに幸福を感じるかもしれない。

どちらも幸福でありながら、内容は全くの逆である。

自分がどうなれば幸福になるか?

どのような状態が幸せか?

大金持ちになっても不幸な人はいっぱいいる。

他人の目なんて気にせずに、自己満足を大切にしたい。