サメ

と言えば、泳ぎ続けてないと死ぬと言われてますね。

一部正解、一部不正解です。

ホオジロザメやヨシキリザメ、イタチザメとかは泳ぎ続けてないと、エラに酸素が供給され難いので、死んでしまう場合があります。

しかし、底性のサメの仲間は、海底でジッとしていてもちゃんと生きてられます。

食性も様々で、ホオジロザメのように大型の獲物を捕食するタイプ、ウバザメやジンベエザメのような、プランクトンを濾過して捕食するタイプ、ネコザメのように主に貝やウニ等の、固い殻をを持つ物を捕食するタイプ。

このようにサメは、海洋のあらゆる場所に適応して生活してるのです。

中には淡水に入ってくるのまで。

まあ、5億年くらいの歴史を持つ生物だから、かなりしぶといのだ。(`・ω・´)

今日の授業はここまで。

質問は教務室に来るように。(`・ω・´)←

広告を非表示にする